施術をご希望の方へ

現在、施術に関しては多数のご予約を頂戴しておりますため、ご予約いただけるのは最短でも1か月先となっております。
ご予約時にあらかじめご了承ください。

といあわせ.png

 

ma_097.jpg視力回復はどのような方法で行うのですか?

まず、視力低下の原因や、目に負担をかけている原因を体全体から調べます。
最大の原因は血流障害で、目の酸素欠乏症です。
その血流障害をどうしたら解決できるかが、回復のカギとなります。

目の周囲の眼筋、瞳孔括約筋などは自律神経支配が多く、自律神経は内臓支配です。
自律神経の正常化の療法には中医学と酸素療法と独自の4種のアイトレーナー器を使用して改善していきます。

 

ma_097.jpg視力回復にどの位の期間が必要ですか?

その人の病歴や年齢によっても回復速度が違います。
子供、若い人は早く、老人になるにしたがって回復が遅く、最低10回の療法でほとんどの方が変化を感じます。
又、自分の視力回復の目標で期間が異なります。

50名のモニターを行い、回数は10回限定、20代から80代まで男女で視力回復率は100%でした。
回復率は0.2から1.0まで、1回~10回目位の間でいつもと違う変化が出てきます。
この変化が自分の病歴によって5回目で変化を感じる人もいれば10回目で感じる人もいます。
変化が生じたら急激にスピード回復していきます。


ma_097.jpgどんな視力低下でも回復は可能ですか?

この療法は色盲以外は有効です。
あきらめないで、自分の自然治癒力を信じましょう!
目の周囲のツボを刺激しただけでも、本来持っている生物場(電気エネルギー)が変化を起こし血流を促進します。とにかく刺激を与えることです。


ma_097.jpg回復したとしても又元に戻ることはないのですか?

体全身より視力低下の原因を検査して療術していきますので戻りません。
しかし眼の酷使をし続けると誰でも元に戻ります。

男性の患者さん(42歳)で、他の病院で手術して視力が0.01以下に低下し相談に来ました。
初診でストレスで自律神経失調症、表情は暗く、笑顔もありませんでした。
特に目の周囲の眼筋の衰えがひどく眼の周囲だけが老人化していました。

そこで、14経絡療法、酸素療法で全身を整え、アイトレーナー器で30分療術を行いました。
約4ヶ月で裸眼で1.0まで回復しました。
暗かった患者さんもすっかり明るくなり、"顔が変わったね"といわれ、本人も上機嫌です。
この療法は眼筋が締り、眼圧も正常になり、顔の中心の眼の位置、眼光が違い、
目も大きく開き、女性の方などに好評です。
エステも眼の美容でこの療法を取り入れると良いと思います。


ma_097.jpg眼に対して気をつけることは?

眼筋は一日10万回以上動き、よく働いています。しかし、筋力にも限界があります。
どんな筋力でも8時間~10時間も酷使したら再生不能になってしまいます。
特に目は一生大事に大事に目にも充分な栄養と休養を与えてください。

自分で出来ること、目の周囲のツボマッサージや暖かいタオルや冷たいタオルで目に当ててください。
1日5分~10分で目の疲れがとれると思います。


ma_097.jpg老眼は予防できますか?

眼科医に「もう老眼ですね。仕方ないですね」と一言で片付けられて、
視力低下をあきらめている方が多いですが、とんでもない!老眼は栄養失調と考えてください。
目に栄養、つまり酸素、血流障害です。

年齢ともに水晶体が硬くなり、近くを見たり遠くを見たりするとき水晶体を厚くしたり
薄くしたりしてピントが合うようにする調整機能が衰えてきます。
近くのものが見えにくい症状を「老眼」といわれています。
これを予防するには血行を良くすることです。
目に栄養と休養です。老眼も回復します。


ma_097.jpgドライ・アイ、眼精疲労はどうしたらいいでしょう?

約800万人以上の人がその症状で苦しんでいるといわれます。
点眼液(目薬)で予防している方がいますが、本来の回復は望めません。
目の酷使、仕事場の環境の悪化、室内の空気汚染、特に高層ビルなどは酸欠状態です。

空気中のマイナスイオンも室内にほとんど無く、プラスイオンとのバランスが非常に悪くなっています。
特にOA機の前では光と色の刺激を長時間受け、まばたきの回数も減り、
目の表面を潤す涙が充分にいきわたらなくなっています。
この症状が現れたら、目の周囲の療術だけでは回復は不可能です。
体全体の慢性的な疲労や血流障害を取り除きます。
回復率は早いです。目薬だけに頼っていると全身に体調不良の症状が出てきます。
早めに対処が必要です。


ma_097.jpgアイトレーナー器とはどんなものですか?

生物の体の中にはある微量の生物電気がながれています。
人間の体も生物電気がなければ命を保つことが困難です。
細胞の一つ一つが弱い電気を起こし相互に情報交換をしながら新陳代謝を繰り返しています。
病気の根源である血流障害は、生体エネルギーを失わせ本来の機能を果たせません。
このアイトレーナー器は、血流促進に最大の効果を利用したものです。

近視・弱視・斜視・ドライアイ・眼精疲労などや目の周囲の眼筋にも最大限に応用出来る家庭のアイトレーナー器として、また、美眼から美顔への目の周囲のくまやたるみやしわなどの改善にお役に出来る美容器として開発しました。
特許申請済  商標登録証 番号 第4762777 目の美容室
       商標登録証 番号 第4776320 アイトレーナー

eye_trainer2.jpg

 

419e3b15.gif 難聴・突発性・耳鳴り

難聴・突発性・耳鳴り難聴の原因は、西洋医学的には、伝音性以外は、原因不明が多いのです。 諸説色々ありますが、最大の原因は、血流障害です。 リンパの流れや細部の血液循環が低下し、症状を併発しています。
耳は、中医学では、腎経が支配しています。 小腸経が弱くなると少し耳が遠くなって、聞こえづらくなり、 膀胱経や腎経で聴覚障害が起きます。
そのため当院では耳だけに対しての施術ではなく、血流障害に対する施術を行います。


といあわせ.png